Go to travelでは万座温泉へ!万座プリンスホテルのバイキングが最高です!

旅行
万座プリンスホテル

Go to travelでは万座温泉へ行ってみてはいかがでしょうか?いいお湯と食事に出会えます。万座プリンスホテルの食事は和食、洋食、中華、そしてバイキングから選べます。万座温泉での宿泊は万座最大の「万座プリンスホテル」を拠点に観光を堪能しましょう。

今回は万座温泉の大手ホテル「万座プリンスホテル」と観光の見どころを紹介します。

万座プリンスホテルの特徴ですがまず露天風呂が男女合わせて8個ありまして混浴露天風呂もあります。ホテルの食事は和食、洋食、中華、そしてバイキングから選べます。スキーはゲレンデがホテルの目の前にあってレンタルも充実してます。万座温泉には全部で8軒の宿泊施設がありますが、この「万座プリンスホテル」が万座最大です。

「万座プリンスホテル」の見た目は近代的なホテルスタイルです。スキーと食事と温泉を楽しみたい、そんなカップルやご家族連れのお客様に特におススメしたいです。日帰り温泉もありますので、ご活用下さいね。夏場の万座温泉は志賀草津高原ルートを使って草津温泉側からもアクセスできますが、冬期は南側から万座ハイウェーを登ってくる必要があります。


中軽井沢駅から約50kmで雪がなければ1時間、雪があれば2時間です。それでは紹介してきますね。

Go to travelでは万座温泉へ!雲上にある露天風呂

万座温泉は群馬県の西部に位置しておりまして、草津温泉から近い場所にあります。万座温泉のお湯質は硫黄の含有量が高く、強アルカリ性ですので、美肌効果を求めて温泉ファンが絶えることはありません。

この万座プリンスホテルの最大の特徴ですが、露天風呂の数が男女合わせて8つあります。露天風呂は標高1,800メートルの雲上にあるのも魅力でして、24時間入れます。

夜の星空を眺めながらの露天風呂は本当に最高なのですが、タオルと髪の毛が凍ります。「万座プリンスホテル」に引かれている源泉ですが、温度が約70度と高いので水で薄めて掛け流しになっております。お湯は非常にマイルドになっておりますんので、お肌が弱い方でも普通に利用することができます。お湯の色は乳白色で硫黄の香りがしますので、お楽しみ下さいね。

Go to travelでは万座温泉へ!混浴露天風呂へGO

混浴露天風呂こまくさの湯へ行きましょう。

男性側からも女性側からも竹垣をへだてていけるようになっております。この混浴露天風呂はカップルのお客様もいますが、家族連れのお客様が多い印象があります。またこの混浴露天風呂は24時間入れますので、夜に星空を見ながらですとか、早朝の朝日を見ながらですとか、ご希望の時間帯に合わせて利用できるのがおススメです。

正しがありまして、混浴露天風呂を利用する際には混浴用レンタルバスタオルか、もしくはワンピース型のゆゆ着を着てのご利用となります。水着を着用しての利用はできません。

Go to travelでは万座温泉へ!3つの宿泊棟

「万座プリンスホテル」はさずが大手ですね、宿泊棟が3つに分かれてあります。客室数は全部で232室あります。人気の宿泊棟はすぐに一杯になってしまいますので、お早目のご予約をお願いしますね。それでは各宿泊棟を解説していきますよ。

■本館

本館は食事をするレストランと受付のフロントがある建物になります。特徴はコンパクトなツインルームと洋室のファミリータイプがあります。

露天風呂が近くにあるのと、ゲレンデに近いのでファミリー向けあるのは間違いないですね。家族旅行でわいわい楽しみたいのであれば、本館のファミリールームで決まりですかね。

■東館

東館は一番温泉に近い建物です。客室はコンパクトなツインルームのみです。

温泉好きの方だったり、カップルやご夫婦にもおススメできます。

■南館

南館は結構トリッキーな特徴があります。立地の地形の関係だと思うのですが、本館からエレベーターで斜めに下って移動します。

こちらは比較的空いているイメージですので、ひっそりと楽しみたいカップルやご夫婦におススメです。部屋のタイプはツインルームです。お風呂は内風呂のみで露天風呂はありませんが、内風呂のお湯質も露天風呂とまったく同じです。内風呂には美人の湯がありまして、硫酸塩泉と硫黄泉がたっぷり入った内風呂も極上ですよ。なんといってもゆったり、ゆっくり入れるのが魅力です。

Go to travelでは万座温泉へ!万座プリンスホテルの食事

万座プリンスホテルの夕食は和食、洋食、中華、そしてバイキングから選ぶことができます。私は中華を選んだんですが、とにかく美味しいですから、是非お試しください。食事に迷ったら四川料理の本格中華の中国料理をおススメします。

温泉と中華という組み合わせはなかなかお目にかかれないと思いました。美味しいので病みつきになりそうです。

Go to travelでは万座温泉へ!スキーも楽しもう

「万座プリンスホテル」本館の目の前は万座温泉スキー場のプリンスゲレンデとなります。ホテルで準備を済ませてからすぐにゲレンデを滑走することができます。万座温泉スキー場はスキーとスノーボードの両方を楽しむことができます。みなさまご存じかと思いますが、万座温泉スキー場は標高が高いので他の群馬県のスキー場とは雪質がまったく違います。いわゆるパウダースノーというやつです。

私はスキー歴30年以上なのですが、この万座温泉スキー場には通いましたよ。雪質がいいと疲れにくいですし、上達も早いので、おススメです。こちらも正しがありまして、雪質が良い分標高が高いので、寒いです。厚着してお出かけ下さい。

Go to travelでは万座温泉へ!レンタルも充実

スキー・スノボーのレンタルも充実しておりまして、ホテルで借りることができます。小学生以下はリフト無料ですよ!子供用レンタルはかわいいのが用意されているんです。なんと、ガチャピン・ムックデザインのスキー&スノーボードが借りられるんです。ですが、アンパンマンはありません。

Go to travelでは万座温泉へ!アクセルルート

最後に万座プリンスホテルへのおススメアクセスルートを紹介しますね。万座プリンスホテルですがひとことで言いますとで遠いです。慌てて行かないで、途中で休みながらゆっくり行きましょう。

冬場は草津温泉から万座へ降りて来る道が通行止めになりますので、南側の軽井沢方面から登ってくるルートがおススメです。


上信越自動車の碓氷軽井沢インターチェンジを降りて真っすぐです。万座温泉までは碓氷軽井沢インターチェンジから約60kmあります。雪がなければ2時間、雪があれば3時間かかると思っておいて下さい。中軽井沢交差点を目指して交差点を北上します。鬼押しハイウェーを通って万座鹿沢口へ向かいましょう。

そこからさらに左方向へ登り上がれば万座ハイウェーです。トップシーズンは路面も凍結していて結構滑りますので、スタッドレスタイヤやチェーンは必須ですが、慣れている方でも十分に気を付けてお越しくださいね。

Go to travelでは万座温泉へ!まとめ

いかがでしたでしょうか?万座プリンスホテルではコロナウイルス感染対策を万全にしてみなさまのお越しをお待ちしております。万座温泉の「万座プリンスホテル」を紹介しました。

まずは運転の疲れを温泉で癒してからひと滑り。スキーを楽しんだ後は混浴露天風呂を楽しんで食事は何を選びましょうか?お休み前には内風呂の美人の湯を堪能。それぞれのシーンによって楽しみが広がる、それを叶えてくれるのが「万座プリンスホテル」だと思います。

万座プリンスホテルの宿泊予約はこちらから(👇)

コメント

  1. […] 万座温泉から志賀草津道路を通って湯釜へ到着。 […]

  2. […] 万座プリンスホテル(https://kaijimomokoshu.com/spa/manza-princehotel/)ですかね。 […]

  3. […] 万座プリンスホテル(https://kaijimomokoshu.com/spa/manza-princehotel/) […]

  4. […] 万座プリンスホテル(https://kaijimomokoshu.com/spa/manza-princehotel/) […]

  5. […] 万座プリンスホテル(https://kaijimomokoshu.com/spa/manza-princehotel/) […]

  6. […] 万座温泉(https://kaijimomokoshu.com/spa/manza-princehotel/) […]

タイトルとURLをコピーしました